IBM、Pentium M 755&MOBILITY FIRE GL T2搭載のThinkPad T42p——455,700円から | RBB TODAY

IBM、Pentium M 755&MOBILITY FIRE GL T2搭載のThinkPad T42p——455,700円から

IT・デジタル ノートPC

 日本IBMは、A4スリムモバイルノート「ThinkPad T42」をベースに、Pentium M 755と高性能グラフィックスチップ「MOBILITY FIRE GL T2」を搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad T42p」3モデルを7月14日に発売する。
  •  日本IBMは、A4スリムモバイルノート「ThinkPad T42」をベースに、Pentium M 755と高性能グラフィックスチップ「MOBILITY FIRE GL T2」を搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad T42p」3モデルを7月14日に発売する。
  •  日本IBMは、A4スリムモバイルノート「ThinkPad T42」をベースに、Pentium M 755と高性能グラフィックスチップ「MOBILITY FIRE GL T2」を搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad T42p」3モデルを7月14日に発売する。
 日本アイ・ビー・エム(IBM)は、同社最上位シリーズであるA4スリムモバイルノート「ThinkPad T42」をベースに、Pentium M 755(2GHz)とOpenGL対応の高性能グラフィックスチップ「MOBILITY FIRE GL T2」を搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad T42p」3モデルを7月14日に発売する。

MOBILITY FIRE GL T2搭載のThinkPad T42
 ThinkPad T42pの共通スペックは、Intel 855PMチップセットを採用し、Pentium M 755を搭載。メモリは1Gバイト(PC2700 DDR SDRAM)、HDDが60Gバイト(7,200rpm/9.5mm)、グラフィックスチップはATIテクノロジーズのMOBILITY FIRE GL T2(128Mバイトビデオメモリ)となる。プリインストールOSはいずれもWindows XP Professionalだ。

 最上位モデル「2373-KXJ」は、UXGA(1,600×1,200ピクセル)表示対応の15.0V型TFT液晶FlexView Display、DVDマルチドライブ、IEEE802.11a/b/gワイヤレスLANを装備する。バッテリー駆動時間は5.4時間。直販価格は497,700円(税込み)。

 「2373-KZJ」は、2373-KXJからワイヤレスLANを省略し、光学ドライブをDVD-ROMドライブに変更したモデルだ。バッテリー駆動時間は5.7時間で、直販価格は455,700円(税込み)。

 「2373-KTJ」は、2373-KXJのディスプレイをSXGA+表示対応の14.1V型TFT液晶(1,400×1,050ピクセル)に変更したモデル。バッテリー駆動時間は6.1時間。直販価格は476,700円(税込み)。
《高柳政弘》

特集

page top