コニカミノルタ、約0.5秒で起動する500万画素薄型デジカメ「DiMAGE X50」 | RBB TODAY

コニカミノルタ、約0.5秒で起動する500万画素薄型デジカメ「DiMAGE X50」

IT・デジタル デジカメ

 コニカミノルタは、薄型ボディに光学2.8倍のフラットズームレンズを搭載し約0.5秒で起動できる、500万画素デジタルカメラ「DiMAGE X50」を8月6日に発売する。
  •  コニカミノルタは、薄型ボディに光学2.8倍のフラットズームレンズを搭載し約0.5秒で起動できる、500万画素デジタルカメラ「DiMAGE X50」を8月6日に発売する。
  •  コニカミノルタは、薄型ボディに光学2.8倍のフラットズームレンズを搭載し約0.5秒で起動できる、500万画素デジタルカメラ「DiMAGE X50」を8月6日に発売する。
 コニカミノルタは、薄型ボディに光学2.8倍のフラットズームレンズを搭載し約0.5秒で起動できる、500万画素デジタルカメラ「DiMAGE(ディマージュ) X50」を8月6日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は53,000円前後(税込み)。

DiMAGE X50

 DiMAGE X50は、レンズの飛び出ないフラットズームレンズを採用し、500万画素1/2.5インチCCDと2.0インチ液晶ディスプレイを搭載したコンパクトデジタルカメラ。シャッター速度は1/1,000〜4秒、焦点距離が35mm換算で37〜105mm、開放F値はF2.8〜F5.0となる。電源オンから撮影スタンバイ状態になるまで約0.5秒、レリーズタイムラグは約0.06秒を実現している。

 対応メディアは、SDメモリーカード(16Mバイト付属)とマルチメディアカード。本体サイズは幅83.5×高さ62×奥行き23.5mm、重さは約125g。ボディカラーは、フレッシュシルバー、スイートレッド、グラファイトブラックの3色から選べる。
《高柳政弘》

特集

page top