コニカミノルタ、手ブレ補正機構と光学12倍ズーム搭載の400万画素デジカメ「DiMAGE Z3」 | RBB TODAY

コニカミノルタ、手ブレ補正機構と光学12倍ズーム搭載の400万画素デジカメ「DiMAGE Z3」

IT・デジタル デジカメ

 コニカミノルタは、CCDシフト方式の手ブレ補正機構と有効400万画素CCDを搭載したデジタルカメラ「DiMAGE Z3」を8月6日に発売する。
  •  コニカミノルタは、CCDシフト方式の手ブレ補正機構と有効400万画素CCDを搭載したデジタルカメラ「DiMAGE Z3」を8月6日に発売する。
  •  コニカミノルタは、CCDシフト方式の手ブレ補正機構と有効400万画素CCDを搭載したデジタルカメラ「DiMAGE Z3」を8月6日に発売する。
 コニカミノルタは、CCDシフト方式の手ブレ補正機構「Anti-Shake」(アンチシェイク)と有効400万画素CCDを搭載したデジタルカメラ「DiMAGE(ディマージュ) Z3」を8月6日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は63,000円前後(税込み)。

手ブレ補正機構のDiMAGE Z3

 DiMAGE Z3は、同社独自の手ブレ補正機構であるAnti-Shakeと、焦点距離が35〜420mm(35mmフィルム換算)の光学12倍「メガズーム」レンズを搭載したモデル。

 Anti-Shakeは、上位機種「DiMAGE A」シリーズに装備している機能で、ボディ内のCCDを動かしてブレを打ち消す手ブレ補正機能だ。シャッター速度で約2〜3段分の補正効果が得られるという。

 また、AD(異常分散)ガラス2枚を含む10群13枚のレンズ構成となる、新設計の「GT APOレンズ」を採用した。レンズの開放F値はF2.8〜F4.5。

 動体予測機能のほか、広角側のフォーカス時間が約0.15秒、望遠側で約0.2秒のAF性能を実現した「ジェットAF」を備える。起動時間は約1.7秒で、レリーズタイムラグが約0.06秒、撮影間隔約1.0秒。

 約2.5コマ/秒の連続撮影モードに加え、約10コマ/秒の高速連続撮影が可能な「UHS(ウルトラハイスピード)連続撮影」モード(1,280×960ピクセル)を搭載。スーパーマクロモードでの撮影は約1cmまで近づける。

 電源は単3型乾電池4本で、連続再生時間は約220分。液晶ディスプレイサイズは約1.5インチ。

 記録メディアは、SDメモリーカードとマルチメディアカードに対応し、16MバイトのSDメモリカードが付属する。PCとのインターフェースはUSBで、USB2.0のHigh Speedモードには対応していない。

 本体サイズは、幅108.5×高さ80×奥行き83.5mmで、重さは約335g。ボディカラーは、ブラックと、ユーロシルバー(限定販売)の2色を用意する。
《高柳政弘》

特集

page top