富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ | RBB TODAY

富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ

IT・デジタル デジカメ

富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ
  • 富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ
  • 富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ
  • 富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ
  • 富士写、小型スクエアボディに3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載したデジカメ
 富士写真フイルムは、薄さ21mmのスタイリッシュな小型スクエアボディに光学3.4倍ズームと2インチ液晶を搭載した、デジタルカメラ「FinePix F440/F450」を7月上旬から順次発売する。価格はオープンで、実売予想価格(税込み)は410万画素のF440が40,000円前後、500万画素のF450が50,000円前後。なお、F450はシルバー1色だが、F440のボディカラーは、シルバー、ホワイト、ワインレッドの3色を用意する。発売日は、F440のシルバーモデルが7月上旬、それ以外のモデルは7月中旬。

FinePix F440

FinePix F450

 FinePix F440/F450には、「FinePix SQUARE mini」という愛称が付けられ、現行のスクエアデザインモデル「FinePix F420」の後継という位置付け。FinePix F440は410万画素1/2.5インチCCDを、FinePix F450が520万画素1/2.5インチCCDを採用している。CCD以外のスペックはすべて共通だ。新開発のフジノン光学式3.4倍ズームレンズを搭載しており、焦点距離は35mmフィルム換算で6.3〜21.6mm、開放F値はF2.8〜5.5。シャッタースピードは1/2000〜2秒。

 ボディ背面に2.0インチ低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイを搭載するほか、実像式光学ズームファインダーも備える。記憶メディアはx-Dピクチャーカード。PictBridgeや、PRINT Image Matching IIに対応した。電源はリチウムイオンバッテリーで、約150枚を撮影できるとしている。本体サイズは幅74.5×高さ62.3×奥行き21.3mmで、重さは165g。
《高柳政弘》

特集

page top