iモードにFeliCaを搭載した「おサイフケータイ」が7月上旬より開始 | RBB TODAY

iモードにFeliCaを搭載した「おサイフケータイ」が7月上旬より開始

IT・デジタル モバイル

iモードにFeliCaを搭載した「おサイフケータイ」が7月上旬より開始
  • iモードにFeliCaを搭載した「おサイフケータイ」が7月上旬より開始
  • iモードにFeliCaを搭載した「おサイフケータイ」が7月上旬より開始
 NTTドコモグループは、携帯電話が電子マネーなどとして利用できるサービス「おサイフケータイ」を7月上旬より開始する。同時に、サービスに対応するiモード端末4機種を発売する。

 おサイフケータイは、iモード端末に非接触式ICカードプラットフォーム「FeliCa」を搭載。iアプリをインストールすることで、電子マネーなどさまざまな非接触式ICカードのサービスが利用できるサービス。今のところ、電子マネーの「Edy」やJR東日本のプリペイドカード「Suica」、ぴあやANAの電子チケット、マスターカードやJCBなどのクレジットカード決済、ビックカメラやマツモトキヨシのポイントカードなどさまざまな企業がサービスの提供を予定している。

 対応端末としては、「FOMA F900iC」「ムーバ P506iC」「ムーバ SH506iC」「ムーバ SO506iC」4機種が発表されている。特にF900iCについては、指紋認証を用いて第三者によるFeliCaの使用を防ぐ「ICカードロック」機能や、置き忘れや紛失時に遠隔操作することでFeliCaの機能をロックする「遠隔FeliCaロック」など不正利用への対策が充実しているのが特徴だ。

「ビジネスシヨウ TOKYO 2004」行われていたANAのチェックイン機能のデモンストレーション
《安達崇徳》
page top