NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に | RBB TODAY

NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に

ブロードバンド その他

NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に
  • NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に
  • NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に
  • NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に
  • NTTコム、050が付与されるメッセンジャーサービスを提供。ISPや回線を問わず利用可能に
 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、050番号が付与されるメッセンジャーサービス「ドットフォン パーソナルV」を5月10日より順次開始する。

 OCNのオプションサービスとして提供されている「ドットフォンパーソナル」がベースになっているが、ISPを問わず利用できるのが特徴。初期費用は525円で、利用料金は月額525円。

 さらにエコーキャンセラが搭載されており、PCのスピーカーとマイクが利用できるため、ヘッドセットが不要になるのだ。また、留守番電話サービスも提供しており、クライアントソフトやPCを立ち上げていないときにかかってきた電話は、こちらに記録される。

 あわせて、専用のクライアントソフトをシャープ、ソニー、NEC、富士通のPCにバンドルすることも発表された。これらのPCでは、バンドルされるのではなく、ほかのバンドルソフトとの相性やエコーキャンセラの調整が行われている。

 なおドットフォンパーソナルと同じく、050番号による呼び出し、テキスト/音声/ホワイトボード/テレビ電話によるコミュニケーション、PSTNや携帯電話との相互通話、ドットフォンパーソナルやNTTコムが提供するほかのIP電話サービスとの無料通話なども提供される。

 サービスは、プリインストールされたPCからの利用は5月10日から、そのほかのPCについてはクライアントソフトをダウンロードで提供し5月下旬から開始される。

 利用するにはWindows XP HomeまたはProを搭載したPC、通話の場合は128kbps、テレビ電話の場合は350kbps〜530kbps程度の回線が必要だ。また接続しているブロードバンドルータがUPnPに対応している必要がある。これら回線の状況はクライアントソフトが自動的にチェック。品質が悪い場合は、050番号が付与できないためサービスが提供できない場合があるとしているが、同社のテストによるとこのようなケースは確認されなかったとしている。

大手町と日比谷を接続した様子 利用イメージ。ヘッドセットを付けなくても通話ができる
《安達崇徳》

特集

page top