ボーダフォン、3G対応のCF型データ通信カードを4月下旬以降発売 | RBB TODAY

ボーダフォン、3G対応のCF型データ通信カードを4月下旬以降発売

 ボーダフォンは、同社の3Gサービスに対応したデータ通信カード「VC701SI」を4月下旬以降発売する。また本カードの発売にあわせて2種類ずつの料金プラン・割引サービスを新設する。

ブロードバンド その他
 ボーダフォンは、同社の3Gサービスに対応したデータ通信カード「VC701SI」を4月下旬以降発売する。また本カードの発売にあわせて2種類ずつの料金プラン・割引サービスを新設する。

 VC701SIは、セイコーインスツルメンツ(SII)製のCF型ボーダフォンコネクトカード(データ通信カード)。W-CDMA方式による3Gサービス対応で下り最大384kbpsのパケット通信を利用できるほか、下り最大64kbpsの回線交換式データ通信にも対応する。

 本体には専用ユーティリティ(Windows 98SE/ME/2000/XP、一部PDA対応)を含むスタートアップガイドのほか、DVDケース型のケースに収納されたPCカードアダプタ、外部アンテナ(本体・固定用クリップ)が付属。使用電源はDC3.3Vで、消費電力は1.3W。

 一方新設される料金プランは「データバリューパック スーパー(スーパー)」「データバリューパック レギュラー(レギュラー)」、割引プランは「2年割引(データバリューパック用)」「年間割引」の各2種類。

 このうち料金プランについては、スーパーが月額基本使用料10,600円で30,000円の無料通信料、レギュラーが5,800円で8,000円の無料通信料が付属するタイプで、上記の割引プランと組み合わせた場合スーパー/レギュラーの月額基本使用料は2年割引・年間割引でそれぞれ7,950円/9,010円、4,350円/4,930円となる。
《RBB TODAY》

特集

page top