ケイ・オプティコム、IPフォンサービスの利用料金値下げ、携帯への着発信の利便化も | RBB TODAY

ケイ・オプティコム、IPフォンサービスの利用料金値下げ、携帯への着発信の利便化も

ブロードバンド 回線・サービス

 近畿地方を中心にインターネット接続サービスを行っているケイ・オプティコムは、同社の行っているIP電話サービスの通話料を3月1日から値下げすると発表した。

 値下げされるのは、インターネットサービス「eo」の利用者向けに提供されているIP電話サービス「eo-net phone」と「TELvision」について。ともに、近畿2府4県内の固定電話との通話料金を3分8円から3分7.4円に、携帯電話への発信・通話については1分22円から1分20円にそれぞれ改める。

 また、3月1日からIP電話から携帯電話への発信において付加番号(010-81)が必要なくなる。ほか、携帯電話からの着信、携帯電話等への発信時における番号の通知が可能となる。なお、NTTドコモグループについての付加番号なしサービスや「050番号」対応は4月中旬ごろからの予定。
《RBB TODAY》

特集

page top