NTTドコモ、FOMAとIEEE 802.11bに対応した携帯電話の試作機を開発 | RBB TODAY

NTTドコモ、FOMAとIEEE 802.11bに対応した携帯電話の試作機を開発

ブロードバンド その他

 NTTドコモは、1台でFOMAでの通話とIEEE 802.11bを経由したIP電話に対応した携帯電話の試作機を開発した。

 この試作機は、社内では無線LANを経由した内線電話として、社外ではFOMAを利用した携帯電話としての利用が想定されている。そのため、FOMA側と無線LAN側からかかってくる電話の同時待ち受けが可能だ。

 同社では、引き続きFOMAと企業内の無線LANを併用したサービスの普及に向け商品開発を進めていくとしている。

●試作機の概要
 形状:折りたたみタイプ
 サイズ:高さ103mm×幅53mm×厚さ30mm
 重量:約123g
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

page top