最大2.2MbpsのリーチDSL製品が登場。4〜7kmでも1Mbpsで安定した通信が提供できると | RBB TODAY

最大2.2MbpsのリーチDSL製品が登場。4〜7kmでも1Mbpsで安定した通信が提供できると

ブロードバンド その他

 パラダインは、Reache DSL V2.2に対応したDSLAM(局側装置)の「GranDSLAM 4200IP」と「BitStorm 2600IP」を発表した。

 従来から提供されているReachDSL V2.0は上下ともに最大で960kbpsだったが、ReachDSL V2.2では上下2.2Mbpsと大幅に通信速度が向上している。また、ReachDSLの特徴である長距離での接続性も向上しており、4〜7kmでは1Mbps前後で安定した通信が利用できるとしている。
《安達崇徳》
page top