ソフトバンクの第2四半期決算、連結損益は426億円の赤字に | RBB TODAY

ソフトバンクの第2四半期決算、連結損益は426億円の赤字に

ブロードバンド その他

ソフトバンクの第2四半期決算、連結損益は426億円の赤字に
  • ソフトバンクの第2四半期決算、連結損益は426億円の赤字に
 ソフトバンクは、2003年3月期の第2四半期決算を発表した。2Qのグループ全体の連結売上高は、Yahoo! BBサービスの加入者数増加などにより対前期比で176億円増の1,215億円に拡大したものの、営業損益では151億円の赤字、経常損益は230億円の赤字に。さらに、あおぞら銀行売却などによる特別損失が計上されたため、当期損益は426億円の赤字となった。営業損益、経常損益とも前期より改善はしたものの、連結での営業損益の黒字化は今年度の第4四半期以降にずれ込む見通しだ。

 ソフトバンクBBによるブロードバンドインフラ事業(現在はほとんどがYahoo! BB)は、2Qの売上高297億円に対し、207億円の赤字となった。2002年度の第4四半期の赤字357億円をピークに、2四半期連続で赤字幅は縮小している(03年1Qは▲288億円)。また、今期は顧客獲得コストが従来の約300億円から約250億円へと縮小しているが、これは新規顧客数そのものが減ったことによるもの。(数字はいずれも四半期のもの)

 今後のブロードバンド事業について孫社長は、「速度を追い求めるよりは付加価値サービスをつける」「付加価値サービスがこれから競争の中心になる」とし、BBフォンサービスに加え、来年半ばに本格的に全国展開する計画の放送事業「BBケーブルTV」や、「BB Games」「ラグナロクオンライン」などのオンラインゲーム事業のようなコンテンツサービスが差別化の重要な要素になるとの見通しを示した。
《伊藤雅俊》

特集

page top