ジュニパー、新型ASIC搭載のエッジ・ルータ「M7i」「M10i」リリース | RBB TODAY

ジュニパー、新型ASIC搭載のエッジ・ルータ「M7i」「M10i」リリース

IT・デジタル その他

ジュニパー、新型ASIC搭載のエッジ・ルータ「M7i」「M10i」リリース
  • ジュニパー、新型ASIC搭載のエッジ・ルータ「M7i」「M10i」リリース
  • ジュニパー、新型ASIC搭載のエッジ・ルータ「M7i」「M10i」リリース
  • ジュニパー、新型ASIC搭載のエッジ・ルータ「M7i」「M10i」リリース
ジュニパーネットワークス代表取締役 大須賀雅憲氏
 ジュニパーネットワークスは、サービス機能を強化した新型エッジ・ルータ「M7i」「M10i」の2製品をリリースした。M7iはCISCO7200、M10iはCISCO7500/7600の市場セグメント向けに投入された製品だ。

 M7iは、オンボードでNAT、ファイアウォール、IPsec、フロー・アカウンティングの機能を搭載した多機能エッジルータで、1台あたり2000回線のVPNセッションをサービス可能。L3 VPNやL2 VPN、VPLS、IPSec over MPLSなどさまざまなVPNに対応している。出荷時にファストイーサネット×2ポートもしくはGbE×1ポートの構成が選択可能で、PIC(物理インターフェース・カード)は4スロット用意されている。スループットは6.4Gbps・16Mpps(パケット/秒)となっている。

 M10iは、完全冗長性に対応したエッジルータで、ルーティングエンジンが故障した場合でも、セカンダリのルーティングエンジンが自動的に状態を引き継ぎ、動作を続行する。また、稼働中にルータOS(JUNOS)のアップグレードが可能。M10iがサポートするVPN回線数は1台あたり2000回線。PICスロットは8スロット。スループットは12.8Gbps・16pps(パケット/秒)。

 この2製品は、いずれも従来3チップ構成だったASICを1チップに統合し、コンパクト化を実現している。

左がM7i、右がM10i
《伊藤雅俊》

編集部のおすすめ記事

特集

page top