日本セキュリティ監査協会が発足。監査人資格制度の整備など目指す | RBB TODAY

日本セキュリティ監査協会が発足。監査人資格制度の整備など目指す

エンタープライズ その他

日本セキュリティ監査協会が発足。監査人資格制度の整備など目指す
  • 日本セキュリティ監査協会が発足。監査人資格制度の整備など目指す
 特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会(JASA)が設立された。JASAは、経済産業省による「情報セキュリティ監査制度」を普及することを目的に、情報セキュリティ監査についての技術向上や、監査主体の質向上などを目指すNPOで、設立時点でセキュリティ監査企業やSIベンダー、メーカーなど77社が参加している。

 また、現行のセキュリティ監査の基準やガイドラインの調査とともに、それぞれの基準やガイドラインを各組織で実際に適用するために、各業界や特定目的のための基準やガイドラインを具体化していく作業などもおこなう。

 JASAでは、情報セキュリティ監査そのものの普及も重要として、監査人を対象としたセミナーを11月に開催するほか、12月には設立記念のシンポジウムを都内で開催する予定だ。

JASA事務局長の下村正洋氏(ディアイティ)
《伊藤雅俊》

特集

page top