警察庁、TCPの139番ポートのトラフィックが増加していると警告 | RBB TODAY

警察庁、TCPの139番ポートのトラフィックが増加していると警告

エンタープライズ その他

警察庁、TCPの139番ポートのトラフィックが増加していると警告
  • 警察庁、TCPの139番ポートのトラフィックが増加していると警告
  • 警察庁、TCPの139番ポートのトラフィックが増加していると警告
 警察庁は、TCPの139番ポートに対するトラフィックが増加していると警告した。通常はほとんど検知されないが、10月10日には最大で1時間あたり200回を越えている。なお、発信元はアジア地域だとしている。

 TCPの139番ポートは、通常Windowsのファイル共有に利用される。そのため、インターネットを介したトラフィックはほとんど流れない。したがって、今回のトラフィックの増大は人的またはワームによる攻撃が増加していると考えられる。

 警察庁では、Windowsの利用者はファイル共有の設定を確認するように呼びかけている。なお、139番ポートへのアクセスをはじくようにルータを設定するのも効果的だろう。

139番ポートに対するトラフィックの様子(クリックで拡大)
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top