手のひらサイズで1W20時間を実現した燃料電池 | RBB TODAY

手のひらサイズで1W20時間を実現した燃料電池

ブロードバンド その他

手のひらサイズで1W20時間を実現した燃料電池
  • 手のひらサイズで1W20時間を実現した燃料電池
 東芝は、手のひらサイズで1Wの出力を約20時間持続できる燃料電池「モバイル情報機器用ダイレクトメタノール型燃料電池」の開発に成功した。

 この燃料電池ではあらたに燃料になるメタノールを循環させるポンプの小型化に成功。これにより、1W20時間を実現できたという。今後は、出力を2W程度に向上させ2005年中の製品化を目指しているという。

 なお、この燃料電池はCEATEC JAPANの同社ブースで展示される予定だ。

モバイル情報機器用ダイレクトメタノール型燃料電池
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top