FTTHって本当に高いの?(後編)−フレッツ・ADSLとBフレッツが逆転!? | RBB TODAY

FTTHって本当に高いの?(後編)−フレッツ・ADSLとBフレッツが逆転!?

ブロードバンド その他

 前編では、インターネットと電話料金をトータルに考えると、フレッツ・ADSLとBフレッツではさほど差がないことが分かった。しかし、この2つの費用が逆転する場合もあるのだ。

 各フレッツサービスは、NTT東日本とNTT西日本がそれぞれのエリアで提供しており、前編ではユーザ数が多いNTT東の料金を用いて計算していた。そこで、もう一方のNTT西の料金を用いて計算したところ、Bフレッツとフレッツ・ADSLにかかる費用が逆転したのだ。

 東西での違いは以下の3つになる。
・フレッツ・ADSL モア24が月額2,980円(東よりも230円高い)
・IP電話に対応したADSLモデムのレンタル料金が月額730円(東よりも240円高い)
・Bフレッツ ファミリー100タイプは月額2,300円(東よりも200円安い)

 これを踏まえてNTT西の料金を用いて費用を計算すると以下のようになる。

●フレッツ・ADSL モア24+@nifty
 加入電話利用料金:
  月額1,450円(1級局)〜月額2,390円(ライト/3級局)
 フレッツ・ADSL利用料金:
  月額2,980円
 各種機器のレンタル料金:
  月額730円
 (ADSLモデム+IP電話アダプタ一体型)
 ISP料金:
  月額2,000円
 IP電話利用料金:無料
-------------------
 合計:月額7,160円〜月額8,100円

●Bフレッツ(ファミリー100)+@nifty
 Bフレッツ ファミリー100利用料金:
  月額4,300円
 回線終端装置:
  月額900円
 屋内配線利用料金:
  月額200円
 ルータ+IP電話アダプタ:
  月額380円
 ISP料金:
  月額2,000円
 IP電話利用料金:
  無料
-------------------
 合計:月額7,780円

 このように、Bフレッツにかかる費用の方が320円安いのだ。また、フレッツ・ADSLの最安パターンに月額600円を足せばBフレッツが利用できることも驚きだろう。

 NTT西のエリアでは、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、USENがそれぞれがFTTHを提供する激戦区になっている。こんな事情があるため、NTT西のBフレッツはNTT東よりも安く設定されているのだ。その結果こうした逆転が生まれたことになる。

<<前編
《安達崇徳》

特集

page top