パイロット向けのブロードバンドコンテンツ。気象協会が航空向け情報を強化 | RBB TODAY

パイロット向けのブロードバンドコンテンツ。気象協会が航空向け情報を強化

エンタメ その他

パイロット向けのブロードバンドコンテンツ。気象協会が航空向け情報を強化
  • パイロット向けのブロードバンドコンテンツ。気象協会が航空向け情報を強化
  • パイロット向けのブロードバンドコンテンツ。気象協会が航空向け情報を強化
 日本気象協会は、8月1日に航空気象情報提供サービス「MICOS Hawks」をリニューアルし「MICOS Web Aviation」と名称を変更する。料金は1IDにつき月額3万円。

 同サイトにおけるメインになるサービスが衛星画像だ。ここでは、赤外線と水蒸気画像、雲頂高度、雲形分布図が提供される。また可視画像に関しては、1.25km四方の高解像度での表示が可能だ。

 便利なコンテンツとして、航空機の難所になる峠をライブ中継した映像がある。現在のところ、箱根峠(神奈川・静岡県境)と重山(和歌山由良付近)の2か所に設置しており、将来的には谷川岳、笹子峠、碓氷峠などに追加するという。

 ほか、主要空港における風向風力、卓越視程、温度、湿度の変化をグラフで表示したり、雨雲レーダーや雷の状態を知るために必要な衛星からのエコー頂高度も確認できる。

(左)雲頂高度(右)峠のライブカメラ
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top