北上ケーブル、スーパー・スタンダードの下り速度アップ。同時にウイルスチェックサービスを開始 | RBB TODAY

北上ケーブル、スーパー・スタンダードの下り速度アップ。同時にウイルスチェックサービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

 北上ケーブルテレビ(岩手県)は、CATVインターネット接続サービス「銀河Net」の一部コースで利用料を据え置きにして下り速度をアップした。

 下り速度アップと同時に、同社ではメールウィルスチェックサービスとCGIサービスを無料で提供開始した。メールウィルスチェックサービスは、ginga-net.ne.jpドメインの全アカウントが対象。

 銀河Netは、エントリユーザ向けの「ライト」(下り128kbps/3,380円)からパワーユーザ向けの「スーパー」(下り3Mbps/7,980円)まで4つのサービスメニューを提供している。今回、下り速度が増速されたのは上位2メニューの「スタンダード」と「スーパー」。スタンダードは下り2Mbpsに、スーパーは下り8Mbpsへと変更されている。

 詳細は以下のとおり。

■スタンダード
 速度:下り1.5Mbps→下り2Mbps
 利用料:5,880円

■スーパー
 速度:下り3Mbps→下り8Mbps
 利用料:7,980円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top