アッカ、新規12Mbps申込者を対象に無線LANセット試験サービスを提供。先着2万名限定 | RBB TODAY

アッカ、新規12Mbps申込者を対象に無線LANセット試験サービスを提供。先着2万名限定

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークスは、12月より2003年5月末まで、12Mbpsサービス新規申込者先着2万名を対象に無線LANセット試験サービスを開始する。無線LAN機器のレンタル料は月額680円。なお、ADSL開通より3か月間は、無料で同サービスを利用できる。

 無線LANセット試験サービスは、12Mbpsサービスの新規申込者を対象にしたサービスで、自宅で無線LAN環境を構築するための無線LANカードとアクセスポイントをセットでレンタル提供するというもの。レンタルされる無線LAN機器には、メルコの2.4GHz帯を利用するIEEE802.11b対応の無線アクセスポイント「AirStation WLA2-S11」と、無線LANカード「AirStation WLI-PCM-L11GP」が採用されている。この無線LANセットは、試験サービス終了後もそのまま利用できる。

 同試験サービスに対応するISPは、TikiTikiインターネット(12月2日より開始)、ASAHIネット(12月9日より開始)、ReSET.JP(12月中に開始予定)、DreamNet(12月中に開始予定)の4社。

 また、同試験サービスのユーザがNTTコミュニケーションズの提供する公衆無線LANサービス「ホットスポット」(月額1,600円)を始めるときには、契約料が無料となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top