NTT東単独でフレッツ・ADSLを値下げ。モアが2,700円に | RBB TODAY

NTT東単独でフレッツ・ADSLを値下げ。モアが2,700円に

ブロードバンド 回線・サービス

 NTT東日本は、12月1日より電話共用タイプのフレッツ・ADSLの利用料を300〜500円値下げすると発表した。この値下げによって、1.5Mタイプと8Mタイプ、モアとの料金差はわずか50円ずつとなった。なお、今回の値下げは電話共用タイプのみに適用され、専用回線タイプは従来のままの料金である。

 値下げ後の料金体系ならば、エキサイト(月額500円)やASAHIネット(プランMで月額700円)などの低価格なISPを利用すれば月額固定費が3千円台の前半となる。この価格帯ならば、現在ADSLサービスのシェア争いをしているYahoo! BBに十分対抗できるだろう。今回の値下げはNTT東日本だけがアナウンスしており、NTT西日本ではまだ公表されていない。


■電話共用タイプの利用料
 フレッツ・ADSLモア:2,700円(500円値下げ)
 フレッツ・ADSL8Mタイプ:2,650円(450円値下げ)
 フレッツ・ADSL1.5Mタイプ:2,600円(300円値下げ)

■専用回線タイプの利用料
 フレッツ・ADSLモア:4,850円
 フレッツ・ADSL8Mタイプ:4,750円
 フレッツ・ADSL1.5Mタイプ:4,550円
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top