クラシエ、「休煙」のためのTwitter連動企画「休煙Project」を開始

クラシエ、「休煙」のためのTwitter連動企画「休煙Project」を開始

2010年6月3日(木) 20時07分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「休煙Project」のサイトの画像
「休煙Project」のサイト
 クラシエフーズは3日、Twitter連動キャンペーンサイト「休煙Project」を開設した。同サイトは、厚生労働省が定める「禁煙期間」(5月31日~6月6日)に伴い、喫煙者の「休煙」の促進を目的に開設されたもの。「休煙」に関するお題に対してツイッター上で回答すると、賞品が当たる企画などが実施されている。

 また同社がネットで実施した調査によると、「今日はタバコを控えようと思う日はありますか?」という質問には、50%が「ある」と回答。さらにどのような時に「休煙日」を設けるのかを、フリーアンサーで尋ねたところ、「昨日吸い過ぎたと思う時」(25歳・男性)など自身の健康を気遣うものや、「非喫煙者と長時間過ごす日」(29歳・女性)、「冠婚葬祭の日」(38歳・女性)などTPOに合わせて休煙日を設けるという回答が見られた。

 「休煙Project」上では、毎週木曜日に「タバコ」に関するお題が出される。例えば第1回目のお題は、「なぞかけをしてください!タバコとかけまして○○○?」というもので、それに対してユーザーがツイッター上でつぶやくというもの。毎週3名の「優秀投稿者」に選ばれ、フリスク全7種がプレゼントされるという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめニュース

タバコを吸いたいけど吸えないときってどうしてる?

 クラシエフーズは20~30代の喫煙者男女500名に対して「タバコに関する意識調査」を実施した。調査対象は20~39歳の現在喫煙をしている有職者男女500名(各250名)。調査期間は2010年5月14日~17日。

仕事中の居眠り経験は3人に1人、最高はなんと200回

 クラシエフーズはネットユーザを対象に「仕事中の眠気に関する実態調査」を実施した。2010年2月4〜5日の期間、20〜39歳の男女(有職者)各250名、合計500名を対象に行った。

男女で意識の違い~ジーンズの「安くてお買い得」な値段はいくら?

 ヤフーバリューインサイトは、消費者の価格観に関する意識調査を実施。首都圏一都三県に住む20歳から69歳の男女1,000人の回答を集計した。

注目ニュース

RSS

【PR】

【これから開催のイベント】

楽天でキーワードをチェック

ブロードバンド/無線LANスポット検索

ブロードバンド検索
-