クラシエ、「休煙」のためのTwitter連動企画「休煙Project」を開始

エンタメ 調査

「休煙Project」のサイト
  • 「休煙Project」のサイト
 クラシエフーズは3日、Twitter連動キャンペーンサイト「休煙Project」を開設した。同サイトは、厚生労働省が定める「禁煙期間」(5月31日~6月6日)に伴い、喫煙者の「休煙」の促進を目的に開設されたもの。「休煙」に関するお題に対してツイッター上で回答すると、賞品が当たる企画などが実施されている。

 また同社がネットで実施した調査によると、「今日はタバコを控えようと思う日はありますか?」という質問には、50%が「ある」と回答。さらにどのような時に「休煙日」を設けるのかを、フリーアンサーで尋ねたところ、「昨日吸い過ぎたと思う時」(25歳・男性)など自身の健康を気遣うものや、「非喫煙者と長時間過ごす日」(29歳・女性)、「冠婚葬祭の日」(38歳・女性)などTPOに合わせて休煙日を設けるという回答が見られた。

 「休煙Project」上では、毎週木曜日に「タバコ」に関するお題が出される。例えば第1回目のお題は、「なぞかけをしてください!タバコとかけまして○○○?」というもので、それに対してユーザーがツイッター上でつぶやくというもの。毎週3名の「優秀投稿者」に選ばれ、フリスク全7種がプレゼントされるという。
《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら