pixivのクルークが「ピクシブ株式会社」に社名変更

ブロードバンド その他

 27日、イラスト特化型SNS「pixiv(ピクシブ)を運営するクルークは社名を「ピクシブ」に変更すると発表した。

 2007年9月からサービスを開始した「pixiv」はその後1年ちょっとで会員数38万人、3億6,000万PV/月を記録する(10月27日現在)など着実に成長を続けている。今後はpixivを中核事業と位置づけ各種サービスや事業を広げていくと見られる。

 これまでpixiv内では、プロ、アマ問わずレベルの高いイラストが投稿されたり、ユーザーから自然発生的にイベント(テーマごとのイラスト投稿やコミケ情報など)が企画されたり、イラストコンテストやキャンペーンとのタイアップなど企業とのコラボレーションも目だってきている。イラストやマンガなどピンポイントではあるが、メディアとしてのバナー広告も入ってきている。

 似た例としては「ミクシィ」が人材派遣企業が始めたSNSサービスが独立したメディア企業として発展している。規模は違うかもしれないが、ユーザー参加型メディアの新しいパターンとして注目したい。
《中尾真二》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら