インターリンク、他社サービスユーザ向けに固定グローバルIP提供する「myIP」サービスのモニタを募集 | RBB TODAY

インターリンク、他社サービスユーザ向けに固定グローバルIP提供する「myIP」サービスのモニタを募集

ブロードバンド その他

 インターリンクは、本日より、自社以外のインターネット接続サービスのユーザ向けに固定グローバルIPアドレスおよび独自ドメインによるアクセスを提供する「myIP」の無料モニタの募集を開始した。対象は日本国内の全エリアのインターネットユーザ。モニタ期間は10月末日。モニタ数は公表されていないが、モニタは期間中に2回のアンケートに回答することになっている。

 同社は、これまでにも固定グローバルIPアドレスを発行する「ZOOT」サービス(月額1,000円〜2,000円)、ZOOTサービスのユーザ向けに独自ドメインの提供を行う「MOOT」サービス(月額1,400円)などを展開してきた。これらのサービスは、同社のダイヤルアップ接続サービス、もしくはNTT東西のフレッツ・ADSL/ISDNやBフレッツのユーザが対象であった。しかし、myIPサービスではCATV、ADSL、FTTHなど他事業者の加入者であっても、ユーザには固定グローバルIPアドレスが1つ提供され、自宅で独自ドメインによるサーバ構築が可能となる(IPアドレスの逆引きサービスも提供)。

 ドメイン取得時の費用は別途必要だが、同社では新規ドメインの取得代行も行っている。サーバとなるマシンは、普段利用しているインターネット接続サービス事業者のアクセスポイントを利用してインターネットに接続した後、myIPサービスに対してVPNで接続する。これによって、グローバルIPアドレスによるアクセスが可能となる。ただし、myIPサービスとサーバ間の通信は暗号化されないので、利用する際には注意が必要だろう。

 同社によれば、モニタ期間中にさまざまな環境でテストを行い、本サービスの安定稼働目的としている。なお、11月1日の本サービス開始後2002年末まで、モニタ参加者は無料で利用できる(本サービスの料金は未定)。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top