ソフトバンク、米国子会社の保有株式を売却。BB事業への資金充当のため | RBB TODAY

ソフトバンク、米国子会社の保有株式を売却。BB事業への資金充当のため

ブロードバンド その他

 ソフトバンクは、米国子会社のソフトバンク・アメリカが保有する米ヤフーおよび米ユーティースターコム・インク(UTSI)の株式の一部を売却したことを発表した。売却額は、2社分あわせて3億4200万米ドル(約408億円)で、これにより、持ち株比率はヤフーが約14%から約9%に、UTSIが約31%から約26%となる。

 今回の株式売却は有利子負債削減とブロードバンド事業への充当のため。ソフトバンクグループのブロードバンド事業には、Yahoo!BBのインフラを運営するビー・ビー・テクノロジー(BBTec)や、FTTHサービスを行うアイ・ピー・レボルーションなどがある。特に、毎月10万近い加入増が続いているYahoo!BBサービスについてはBBTecの設備投資負担が大きく、BBTecの2002年3月期の決算は130億円近い赤字となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top