阪神シティケーブル、個人向けと同時に法人向けCATVインターネットサービスも増速へ | RBB TODAY

阪神シティケーブル、個人向けと同時に法人向けCATVインターネットサービスも増速へ

ブロードバンド 回線・サービス

 阪神シティケーブル(兵庫県・CATV/ADSL)は、法人向けCATVインターネット接続サービスの速度をアップを図るとともに、3つあったサービスメニューを2つに統合した。

 気になる速度アップだが、これはどちらも下り10Mbps、上り1Mbpsへと大幅な増速となっている。また、HCCビジネスは利用料も10,000円引き下げられて月額25,000円となった。この価格設定は従来のHCCエコノミー8と同じである。

 一方、統合された従来のHCCエコノミー4(固定IP4個・月額20,000円)とHCCエコノミー8(固定IP8個・月額25,000円)は「HCCエコノミー」と名称を変更し、利用料も20,000円と従来のHCCエコノミー4と同料金に設定された。ただし、固定グローバルIPアドレスの数も、HCCエコノミー4と同様4個である。

 速度も同じことから、ユーザはどのような用途で利用するのかによって(つまり、固定グローバルIPアドレスの数)、今後はどちらのサービスメニューが適しているかを判断することになるだろう。

■HCCエコノミー
 速度:下り10Mbps、上り1Mbps(※従来は下り2Mbps、上り256kbps)
 利用料:20,000円
 固定IPアドレス数:4個

■HCCビジネス
 速度:下り10Mbps、上り1Mbps(※従来は下り4Mbps、上り256kbps)
 利用料:25,000円(※従来は35,000円)
 固定IPアドレス数:8個

 なお、個人向けCATVインターネット接続サービスは、すでに昨日より下り10Mbps、上り1Mbpsに増速されていることから、法人向けCATVインターネット接続サービスも個人向けサービスと同時に増速を図ったものと思われる。なお、同社は15日にADSL接続サービスの提供を開始する予定でいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top