阪神シティ、8月15日より既存エリア対象のADSLサービス開始。CATVの下り10M化も正式発表 | RBB TODAY

阪神シティ、8月15日より既存エリア対象のADSLサービス開始。CATVの下り10M化も正式発表

ブロードバンド その他

 阪神シティケーブル(兵庫県)は、8月15日よりNTT回線利用のADSLサービス新設を発表するとともに、加入申込受付を開始した。さらにCATVインターネットの速度アップも正式発表され、8月より下り10Mbps、上り1Mbpsとなる。

 このうちADSLサービスに関しては、対象エリアは尼崎市、西宮市、伊丹市全域(西宮市塩瀬、山口地区は除く)で、通信速度は下り8Mbps、上り1Mbps。月額利用料は、モデム買取の場合2,900円、レンタルの場合はプラス500円の3,400円となる。

 また導入時の初期費用として、初期登録料(3,000円)ならびにモデム費用(16,800円 ※買取の場合のみ)が必要となるが、7月31日までに申込の場合、キャンペーン価格として初期登録料と9月末までの月額利用料が無料となる。

 阪神シティのADSLサービスの詳細は以下のとおり。

ADSLサービス
通信速度:下り8Mbps、上り1Mbps
月額利用料:2,900円(※NTT回線使用料、モデムレンタル費用(500円 ※レンタルの場合のみ)が別途必要)
IPアドレス:1個(グローバル/変動)※追加不可
基本サービス:
 メールアカウント:1個(容量5Mバイト)
 ホームページ容量:10Mバイト

 一方CATVインターネットであるが、かねてより情報が寄せられていた下り10Mbps、上り1Mbpsへの増速が、8月1日より実施されることが正式に発表されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top