[N+I 2002 Tokyo] WECA、IEEE802.11aの相互接続性テストをスタート | RBB TODAY

[N+I 2002 Tokyo] WECA、IEEE802.11aの相互接続性テストをスタート

ブロードバンド その他

 無線LAN機器の互換性認定を行う業界団体のWECA(ワイヤレスイーサネットコンパチビリティアライアンス)は、これまで行ってきたIEEE802.11b製品の相互接続性テストに加え、あらたにIEEE802.11a製品のテストも開始したと発表した。

 IEEE802.11aは、5GHz帯の電波を使用する無線イーサネットの標準規格で、最大54Mbpsの通信が可能。すでに対応製品が国内でも販売されている。

 これまでWECAは、802.11a対応チップセットを提供するベンダが1社しかなかったため相互接続性のテストをおこなっていなかったが、複数のベンダから802.11a対応チップセットが出荷され、製品としても登場し始めたことをうけて、テストを開始した。初回テストの結果については、今年の第4四半期をめどに発表される予定。

 なお、これまで802.11aの認定は「Wi-Fi5」と呼ばれるとされていたが、正式な名称が「Wi-Fi CERTIFIED 802.11a」に決定された。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top