ブロードバンド人口、あと一歩で500万人に。総務省が5月末の速報を発表 | RBB TODAY

ブロードバンド人口、あと一歩で500万人に。総務省が5月末の速報を発表

ブロードバンド その他

 総務省は、2002年5月末時点でのインターネット利用者数について速報値を発表した。レポートによると、この1カ月間でDSL・CATV・FTTHを利用しているブロードバンド人口は379,271人増加し、合計4,646,486人となった。この増加傾向を維持し、かつ速報には書かれていないFWA(固定無線アクセス)利用者を考慮すると、6月末には500万人を突破するものと思われる。

 今月は、前月と同じようにDSL利用者がブロードバンド人口増を牽引しているものの、伸び率自体は若干減っている。特に、CATV加入者の落ち込みが激しいものとなっている。その反面、FTTH加入者は1カ月間の加入者が倍増し5万人を超えた。

 5月末時点での加入者数と先月からの増加数は以下のとおり。

 ・DSLによるもの:3,028,556人(+329,271人)
 ・CATV網によるもの:1,567,000加入(+34,000加入)
 ・FTTHによるもの:50,930人(+16,000人)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top