ソフトバンクとベクター、「ソフトウェア電子流通プラットフォーム」で提携 | RBB TODAY

ソフトバンクとベクター、「ソフトウェア電子流通プラットフォーム」で提携

ブロードバンド その他

 ソフトバンク・コマースは、PCソフトダウンロード販売大手のベクターと提携、「ソフトウェア電子流通プラットフォーム」サービスを開始すると発表した。購入・支払い手続きの前に一定期間の試用が可能な「Try&Buy(トライ&バイ)」が特徴で、ダウンロード販売のほか、PCへのプリインストールソフトなどとしても提供するとしている。本格サービス提供開始は7月下旬の予定。

 試してから購入できるということで、不正コピー(カジュアルコピーを含む)を防止したり、ユーザの安心感からソフトウェア販売の拡大などにつながるものと期待している。

 ソフトバンクはもともとソフトウェア流通が本業。以前にも、OnHandという名称でCD-ROMによるソフトウェア販売(それぞれ体験版としてインストールできるが、「鍵」を購入すると正規版として使用可能)を販売・配布するなどしていた。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top