JR東と日本テレコム、北海道・札幌駅に無線LAN接続実験エリアを拡大 | RBB TODAY

JR東と日本テレコム、北海道・札幌駅に無線LAN接続実験エリアを拡大

ブロードバンド 回線・サービス

 JR東日本と日本テレコムは5月16日より、共同で行っている「無線による、駅でのインターネット接続実験」の実験エリアに北海道・札幌駅内外の2か所を追加する。

 今回追加となるのは、札幌駅内のショッピングセンターパセオ地下1階「水の広場」、および札幌駅近くの「Cafe de Biz Cube」の2か所。7月31日までの実験期間中、専用サイトよりあらかじめモニタ登録しておき、ノートPC・無線LANカードなど必要な機器をユーザ自身が持参することで、実験エリアにて無線LAN接続実験を体験することができる。

 また札幌駅ショッピングセンターパセオでは、期間中「パセオサービスカウンター」にて無線LAN対応パソコンの一時貸し出しサービスも行われる予定で、登録済ユーザ以外でも気軽に実験に参加できるようになっている。

 なお各実験エリアの利用可能時間であるが、「水の広場」が毎日10:00〜21:00、「Cafe de Biz Cube」が平日・土曜日の11:00〜23:00となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top