日本テレコムとJR東日本の駅構内無線インターネット実験、対象駅と対応プロバイダを拡大。SpinNetユーザも利用可能に | RBB TODAY

日本テレコムとJR東日本の駅構内無線インターネット実験、対象駅と対応プロバイダを拡大。SpinNetユーザも利用可能に

ブロードバンド その他

 日本テレコムと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、現在おこなっている無線LANアクセスポイントによるインターネット接続の実験を拡大すると発表した。4月1日より、実験エリアに横浜駅が追加され、上野駅でもホットスポットが拡大される。また、モニタ参加が可能なプロバイダとして、ODNに加えてJENS SpinNetも追加される。

 エリアについては、さらに、4月中旬をめどに成田空港駅および空港第2ビル駅でも開始される予定。このホットスポット実験については、無線LANカードを用意し、モニタ登録を行えば無料で参加することができる。

 あたらしいホットスポットは、以下のとおり。

■横浜駅■
南口改札内コンコース
 ベックスコーヒーショップ
■上野駅■
中央口改札外コンコース
 情報発信スペース Break

(以上2カ所、4月1日より)

■成田空港駅■
 コンコース
■空港第2ビル駅■
 待ち合わせスペース

(以上2カ所、4月中旬より)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top