ADSLモデム内蔵のWLAR-8000ACG。ADSLモデムの接続不良に対応するとともにIPマスカレード問題に対応 | RBB TODAY

ADSLモデム内蔵のWLAR-8000ACG。ADSLモデムの接続不良に対応するとともにIPマスカレード問題に対応

IT・デジタル その他

 メルコは、WLAR-8000ACGのファームウェアを更新し、1.14β1とした。更新内容は、IPマスカレードの問題と局側の8Mbps対応機器への接続対応となる。

 変更内容は、IPマスレードテーブルを使い切ったあとに、通信できなくなる問題を解消するとともに、一部のADSL局側機器と接続できなかった問題を解消した。また、PPPoA接続のときに、PPPサーバ側のIPアドレスを取得できるようになっている。

 WLAR-8000ACGの新たなファームウェアは、バージョンが1.14β1で、現状はβ版となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top