ソニースタイルドットコム・ジャパン、ブロードバンド向けの新コンセプトVAIOを発表。「成長するバイオ」としてアプリもネット経由で提供へ | RBB TODAY

ソニースタイルドットコム・ジャパン、ブロードバンド向けの新コンセプトVAIOを発表。「成長するバイオ」としてアプリもネット経由で提供へ

ブロードバンド その他

 ソニースタイルドットコム・ジャパンは、常時接続環境を前提にした新型PC「ネットワークバイオ」を発表した。ソニーの提唱するユビキタスバリューネットワークの先がけという位置づけの製品で、プリインストールソフトウェアを少数にとどめ、ユーザが自由に必要なソフトを選択できる、携帯電話からインターネット経由で自宅バイオのメールを操作できるなど、ビジネスモデルから用途まで、さまざまな面でこれまでの「箱売りパソコン」との差別化が図られている。

ネットワークバイオについて発表するソニースタイルドットコム・ジャパンの佐藤一雅社長


 ネットワークバイオ「PCV-JX10GN」は、ソニースタイルのオンライン販売が中心で、提供価格104,000円(税別・ディスプレイ別売)。オンライン販売のほか、e-Sony Shopなどでの取り扱いもあるが、一般量販店などでの店頭販売は行わない。2月27日の受注開始で、3月14日出荷開始の予定となっている。

 PCV-JX10Gをベースとした製品で、ハードウェアスペックとしては、CPUがCeleron1.2GHzで、256Mバイトのメモリと80GバイトのHDDにCD-RW/DVD-ROMのコンボドライブ、PCカードスロットを搭載する。もちろんメモリースティックスロットも装備しており、OSはWindowsXP Homeエディションとなっている。テレビの録画機能など、ベースとなったVAIOが搭載している機能はそのまま継承されている。ちなみにこのネットワークバイオは、VAIO同等モデルの一般店頭価格より2万円〜2.5万円ほど安い設定だが、店頭のバイオにはネットワークバイオが含まないプリインストールソフトがさまざま搭載されているので、単純な価格比較は難しい。

発表されたネットワークバイオPCV-JX10GN。外観はベースモデルのPCV-JX10Gと変わらない。ネットワークバイオを特徴づけるのは、ソフトとサービスだ。


 ネットワークバイオを利用する場合、購入時にHotnetworkサービスに必ず登録する必要がある。Hotnetworkはネットワークバイオを利用する上で必要な、ソフトウェア提供や決済を含むネットワークサービスで、初期登録料が500円、月額300円または年額2,500円(2年目以降は3,000円)の利用料がかかる(要クレジットカード)。この月額料金にはリモートアクセス基本料、ソフトウェアダウンロード基本料、アップデートサポート基本料が含まれる。

 ネットワークバイオの特徴には、大きく次の2点がある。「ダウンロード&アップデート」と「 LinkGarage(リンクガレージ)」だ。

 ダウンロード&アップデートは、ソフトウェアのダウンロード提供とソフトウェア・デバイスドライバのアップデートをサポートする。ダウンロードが重要なのは、ネットワークバイオではプリインストールされているソフトウェアが絞り込まれているため。ユーザが必要なソフトウェアだけを選んでダウンロードすることで、自分だけの環境を構築することができる。サービス開始時点では、ソニーのオリジナルアプリケーション6本がダウンロード提供され、1本あたり2,000円、6本セットで9.800円となる。なお、ダウンロードについては当初、通常の決済・提供という方式でスタートするが、今年夏をめどに、期間限定の利用や一定試用期間後の購入といった方式についても可能にする計画。ちなみにダウンロード購入のソフトがHDDのクラッシュなどで失われた場合でも、使用権は維持され、再購入の必要はないという。

 もうひとつのLinkGarageは、自宅のネットワークバイオにインターネットからアクセスするためのソフトウェアだ。LinkGarageでは、まずバイオ上のメールを携帯電話やモバイルPCから読み書きする「Webメール機能」からスタートし、オーディオ・ビジュアル関連のソリューション提供も予定されている。

 ソフトウェアベンダ16社(ジャストシステム、シマンテックなど)、ブロードバンドプロバイダ9社(OCN、イー・アクセス、ヤフーなど)の賛同を受けているのもネットワークバイオの特徴だ。ソニースタイルでは、オープンプラットフォームとして広くネットワークバイオのネットワークサービス(ゲートウェイサービスや決済機能)を提供し、新しい利用方法を広げていきたいとしている。

 プリインストールソフトの絞り込みと、インターネットを使ったソフト構成のカスタマイズ、常時接続によって出先からでも操作可能といったネットワークバイオの提案は、今後ブロードバンドが普及していく中で「パソコン」がどのようになっていくか、その方向性のひとつを示したものと言えるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top