HTNetの8Mサービス提供時期が3月上旬に決定。金沢市・富山市・福井市の5局からサービス開始 | RBB TODAY

HTNetの8Mサービス提供時期が3月上旬に決定。金沢市・富山市・福井市の5局からサービス開始

ブロードバンド その他

 北陸通信ネットワーク(HTNet)が8Mサービスについて、3月上旬より開始することを正式にアナウンスした。8Mサービスは、まず石川県金沢市、富山県富山市、福井県福井市にある5つの交換局が対象となる。開通までの期間は、申込日から約2週間程度。

 従来の1.5Mbps対応モデムは、8Mサービスでは利用できないため、8Mサービスの申込者には8Mbps対応モデム(ルータタイプ)が郵送されることになっている。なお、1.5Mサービスから8Mサービスへのコース変更には、同社工事費として2,000円、NTT工事費として電話共用タイプが2,800円、専用回線タイプが2,000円必要となる。

 8Mサービスの対象となるNTT交換局は以下の5局。各局の直線2km以内の地域がサービス可能エリアとなる。

■石川県
 金沢3局、金沢弥生局

■富山県
 富山局、富山南局

■福井県
 福井2局

 HTNetの提携ISPには、@nifty、BIGLOBE、ネスク・インターネット、CoralNet、Mitene、FITWeb、incl、TAMインターネットサービス、BIG-CHANNELの9社がある。これらISPのうち@niftyは、すでに8Mサービスの提供をアナウンスしている(月額利用料3,280円)。なお、HTNetは1.5Mサービスを北陸3県で24市町村に提供している
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top