データコントロール、最大実効スループット90Mbps超のブロードバンドルータ「Gaterance110」を発売 | RBB TODAY

データコントロール、最大実効スループット90Mbps超のブロードバンドルータ「Gaterance110」を発売

IT・デジタル その他

 データコントロールは、ネットワーククリエイティブサービス製の高速ブロードバンドルータ「Gaterance110(ゲートランス110)」を発売すると発表した。標準小売価格は278,000円。2月20日より出荷を開始する。

 Gateranceは、Linuxをベースとした1Uサイズのブロードバンドルータで、NAT(IPマスカレード)有効状態でFTP転送した実測スループットが、最大91.02Mbpsという処理能力の高さが特徴。CPUにCeleron 850MHz、128MバイトのSDRAM、3.5インチのフロッピーディスクドライブを内蔵する。インターフェイスは、WAN側・LAN側ともに各1ポートづつとなっており、それぞれ10/100BASE-TXに対応。各種ルータの設定を行うためのシリアルポート(Webブラウザによる設定も可能)やモニタ、キーボード用の外部インターフェイスも装備している。

 1対1でのNAT変換も可能なNAT/IPマスカレード機能やPPPoE機能を搭載しているほか、IPフィルタリングやポートフォワーディングによる簡易ファイアウォール機能、IP Aliasによる仮想Webサーバ機能を備えている。また、システム監視機能として、ルータ自身や監視対象となるサーバの稼動状態をチェックし、メールやログで状況を通知する機能もある。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top