松下電器産業、ブロードバンドコンテンツを家庭のテレビで楽しめる「ブロードバンドTVチューナー」を開発。今秋商品化へ | RBB TODAY

松下電器産業、ブロードバンドコンテンツを家庭のテレビで楽しめる「ブロードバンドTVチューナー」を開発。今秋商品化へ

IT・デジタル その他

 松下電器産業は、ブロードバンドネットワークに接続して、動画や音楽などのコンテンツを一般のテレビで楽しむことができるセットトップボックス「ブロードバンドTVチューナー」を開発した。

 本製品は、中帯域(〜5Mbps)のブロードバンド接続に対応しており、ネット上のコンテンツをリモコンから選択・視聴できる。また、内蔵する地上波放送用テレビチューナーとハードディスクにより、地上波テレビのタイムシフト視聴なども可能。

 ネットを用いたコンテンツ配信については、ISAOおよびアイエム・ネットワークス・ジャパンと協力、動画コンテンツのナビゲーションシステム「ON TV JAPAN BBサービス(仮称)」やラジオ放送局をナビゲーションする「iM Radio(TM)サービス」と本端末を連携させ、リモコン操作などを実現している。

 地上波チューナーおよびレコーダー部分については、番組のタイムシフト再生や電子番組ガイド(EPG)による録画予約のほか、外出先から携帯電話を使っての地上波テレビ番組の録画予約も可能。同社は、本製品を通じてリビングルームにおける新しいテレビの楽しみ方を提供していくとしており、今後、配信事業者向けにカスタマイズしたシステム商品としての展開も予定されている。

 一般ユーザー向けの製品化は今年秋の予定。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top