NTT-ME、8Mbps対応のADSLモデムを内蔵したブロードバンドルータを発売 | RBB TODAY

NTT-ME、8Mbps対応のADSLモデムを内蔵したブロードバンドルータを発売

IT・デジタル その他

 NTT-MEは、8Mbpsサービスに対応したADSLモデム内蔵ルータ「MN7310」を1月26日から販売開始すると発表した。価格は32,800円。

 MN7310内蔵のADSLモデムは、8Mbps(G.dmt)と1.5Mbps(G.lite)の両方に対応。フレッツ・ADSL(NTT東西)、イー・アクセス、J-DSL(日本テレコム)の8Mbps/1.5Mbpsサービスで利用可能となっている。WAN側の接続方式として、PPPoE/PPPoA/IPoAをサポートしており、複数IPアドレスを付与するいくつかの接続サービスで採用されている「PPPoE unnumbered」方式にも対応している。

 ルータ部分のスループットは36Mbpsで、セキュリティ機能としてNAT、IPマスカレードのほか、パケットフィルタリングやアクセス制限が設定できる。LAN側については、100/10BASE-T自動認識の4ポートスイッチングハブを備えている。

 ネットワークゲームなどを楽しむ際にルータ機能をオフにしてクライアントPCからPPPoE接続できるようにする「ブリッジ機能」や、PPP接続が切断された場合に自動で再接続するセッション・キープ・アライブ機能なども搭載されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top