NTTコミュニケーションズ、IPv6情報家電コントローラとIPv6 VPNシステムを開発。情報家電コントローラは協議会でモニター募集も | RBB TODAY

NTTコミュニケーションズ、IPv6情報家電コントローラとIPv6 VPNシステムを開発。情報家電コントローラは協議会でモニター募集も

ブロードバンド テクノロジー

 NTTコミュニケーションズは、IPv6普及・高度化推進協議会の実施する「IPv6アクセス網及び情報家電による実証実験」の一環として、WWWブラウザから家電を制御できる「IPv6情報家電コントローラ」と、IPv6上でIPSecによるセキュアな通信を行うための「IPv6 VPNシステム」を開発したと発表した。

 IPv6情報家電コントローラは、WebブラウザからIPv6インターネット経由で、デジタル入出力8ポートずつの制御と監視が可能な装置。ユニバーサル基板を組み込めるようになっていて、ユーザが目的に応じて回路を組み、外部機器を制御することが可能だ。標準で、8ポートの入力の状態表示と、出力の制御を行うためのHTMLが組み込まれており、ユーザがカスタマイズすることもできる。この情報家電コントローラについては、IPv6普及・高度化推進協議会が活用アイディアを募集しており、モニターとして採用されると、協議会よりコントローラが無償貸与される(実験終了後は無償譲渡あり)。募集は合計400台で、300台分は電子工作経験者向け、100台は電子工作初心者向けにあらかじめ1ch分回路が組まれている。

 また、IPv6 VPNシステムは、ディアイティ社とエントラストジャパン社の協力で開発したシステムで、IPSecで通信内容を暗号化、データを保護することができる。

 これらの機器・システムについては、12月15日・16日に開催されるNet.Liferium 2001(ネット・ライフリウム2001/パシフィコ横浜)に展示される。会場では、情報家電コントローラをIPv6 VPN経由で利用することで、なりすましや盗聴から保護しながら家電を制御するデモンストレーションも予定されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top