NTTコム、市販CD-ROMタイトルをオンライン配信する国内初のサービス「SORETTE」の提供を開始 | RBB TODAY

NTTコム、市販CD-ROMタイトルをオンライン配信する国内初のサービス「SORETTE」の提供を開始

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、12日より市販のCD-ROMをオンライン配信する国内初のサービス「SORETTE(ソレッテ)」を開始する。月額1,600円の利用料で、語学や子供向けの知育ソフト、趣味・実用などのノウハウものの最新ソフト40〜60タイトルを好きなだけ利用できる。

 SORETTEは、米Media Station, Incが開発した市販のCD-ROMをオンライン配信する技術を利用したサービスである。具体的には、ブロードバンド事業者のネットワーク内にCD-ROMコンテンツサーバを設置することで、提携しているブロードバンド事業者のユーザにSORETTEを提供する。

 NTTコムは、2000年7月より米Media Station, Incに出資するとともに日本における共同事業展開を検討してきた。さらに4月13日〜6月12日の2か月間、茨城県つくば市の研究学園都市コミュニケーブルサービスのCATV回線を利用している224世帯を対象にモニタ実験を実施している。12日からのSORETTE提供開始は、これらの検証結果を踏まえての事業化である。

 SORETTE事業では、アルク、インターグループ、江上料理学院、NECインターチャネル、がくげい、学習研究社、サンリオ、創育、ソースネクスト、中国サンネットなどのコンテンツホルダ、研究学園都市コミュニティケーブルサービス、ジャパンケーブルネット、ケーブルテレビ足立などのCATV事業者と提携している。今後、NTTコムはSORETTE事業拡大のため、コンテンツホルダやブロードバンド事業者との提携を積極的に推し進めていくという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top