イー・アクセスとニフティ、世界初となるADSLによるネイティブIPv6の実験サービスを1月下旬からスタート | RBB TODAY

イー・アクセスとニフティ、世界初となるADSLによるネイティブIPv6の実験サービスを1月下旬からスタート

ブロードバンド テクノロジー

 イー・アクセスとニフティは共同で、@nifty ADSL接続サービスの利用者向けに、IPv6ネイティブ接続の実験サービスを開始すると発表した。ADSL回線を使用したIPv6ネイティブサービスの提供は、世界初という。実験サービスの参加申し込みは本日より受付が開始され、提供開始は1月下旬の予定。実験サービスによる追加料金は無料で、募集数は100名となっている。

 関東地域の「@nifty ADSL接続サービス(イー・アクセス回線)」ユーザで、Windows XP搭載PCを利用しているユーザが対象で、実験サービスでは、IPv6経由での@niftyコンテンツ(一部)の利用や、IPv6対応の情報家電の利用が可能。

 イー・アクセスは、@nifty以外のISPについても、準備が整い次第IPv6サービスの提供を開始するとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top