総務省、NTT東西のコロケーション関連約款の変更に関する各事業者からの意見を公開。Yahoo!BBの過大な見込み予約が問題の原因? | RBB TODAY

総務省、NTT東西のコロケーション関連約款の変更に関する各事業者からの意見を公開。Yahoo!BBの過大な見込み予約が問題の原因?

ブロードバンド その他

 総務省は、10月31日に公表して意見を募集していた「東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社の指定電気通信設備に関する接続約款の変更の認可について(コロケーション及び光ファイバの保留期間の変更等)」に対して、各事業者から寄せられた意見を公開した。

 今回公開された意見を見ると、見込みで大量申請を行ったYahoo!BB(ビー・ビー・テクノロジー)と、書類どおりにリソース確保をおこなったNTT、そのあおりでコロケーションができなくなった他のDSL事業者という流れが見えてくる。

 この接続約款の変更は、コロケーションや光ファイバの「取り置き」期間を短縮することで、各設備の利用効率をアップすることを目的に、NTT東西が認可申請をおこなったもの。イー・アクセスによれば、NTT東西の一部ビルで現に空きスペースがあるにもかかわらずコロケーションを断られる事態になっているとのことで、NTTからは「大量の申込みをしたある事業者の予約で埋まっている」と説明されたという。接続約款の変更は、こうした問題を解消することが目的だとされている。NTT東西にしてみれば、無料の保留(取り置き)期間はそのスペースから得られるはずの利益が得られないため、今回の保留期間の短縮は「しぶしぶ変更」というタイプの変更ではないだろう。

 また、ほとんどの通信事業者は今回の約款変更について、限りのあるコロケーションリソースが効率的に運用できるようになるとして基本的に賛意を示している。(あわせてNTTへのさらなる情報公開要求やルールの公正化も多数の事業者から表明されているが)

 一方、こうした姿勢と大きな隔たりを見せているのがソフトバンクグループのビー・ビー・テクノロジー(Yahoo!BBのADSL網を構築)と、アイ・ピー・レボルーションの2社。今回の保留期間の変更と、NTTが過去の申し込みに対しても期間変更を遡及的に適用したいとしている点(改正規定・附則)に明確に反対を表明している。全国で数百万の加入を目指すYahoo!BB向けに、大がかりなコロケーション申請を行ったものの、工事が追いつかずに「NTT局内が空き地のまま放置」状態にしてしまっているものと思われる。

 約款変更が当初の案どおりで認められた場合、それまでの保留期間によっては変更直後から保留中の施設(コロケーションスペースや光ファイバ)に対して料金請求が開始される可能性もあり、総務省の判断が注目されるところだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top