インテルと日本HP、NTT東がBフレッツ用コンテンツを共同で配信するトライアルを実施 | RBB TODAY

インテルと日本HP、NTT東がBフレッツ用コンテンツを共同で配信するトライアルを実施

ブロードバンド その他

 インテル、日本ヒューレット・パッカード、NTT東日本は、共同でBフレッツ用にMPEG2(6Mbps)でエンコードしたコンテンツを配信するトライアルを実施する。Bフレッツユーザだけでなく、フレッツADSL/ISDNユーザでもRealVideo/Audioフォーマットにエンコードしたコンテンツが配信される。

 本トライアルは、MPEG2コンテンツを配信することで、ブロードバンドサービスの普及・拡大を目的としている。そのうえで、広帯域・双方向に適したアプリケーションやサーバ環境の検証、コンテンツの試聴状況のデータ収集と分析を行うとしている。

 コンテンツを利用できるのは、町田市の一部地域を除く東京都のBフレッツユーザとフレッツ・ADSL/ISDNユーザ。また、トライアル期間中は、Bフレッツユーザ以外でも利用できるスポットを設置する予定になっている。

 トライアル期間は9月14日より約半年間。オルカビジョン、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ、カミングスーン・ティービー、スクウェア、日本ヘラルド映画の各社がコンテンツを提供し、沖電気工業とリアルネットワークスがソフトウェアを提供する。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top