四国情報通信、企業向けにSTCN-ADSLサービスの提供を開始。7月1日より | RBB TODAY

四国情報通信、企業向けにSTCN-ADSLサービスの提供を開始。7月1日より

ブロードバンド 回線・サービス

 四国情報通信ネットワークは、企業や自治体を対象にした専用線型インターネット接続サービスSTCNサービスに、ADSL回線を利用したメニュー「STCN-ADSLサービス」を追加する。サービス開始は7月1日の予定。

 STCN-ADSLサービスは、下り最大640kbpsと1.5Mbpsの2つのメニューが用意されている。いずれも固定グローバルIPアドレスを最大で16個割り当ててくれる。各メニューの速度と利用料は次のとおり。

・640kbps:下り640bksp、上り320kbps
 電話共用タイプ:36,200円
 専用回線タイプ:38,000円

・1.5Mbps:下り1.5Mbps、上り512kbps
 電話共用タイプ:50,200円
 専用回線タイプ:52,000円

 上記料金以外に、端末機器1台ごとに月額500円に機器使用料が必要となるが、同社の1.5Mライトの月額利用料198,000円と比べると、格段に安く利用できる。

 サービスエリアは四国地方の4県。現在はすでに個人向けに開局している高松局(香川県高松市)、伊予松山局(愛媛県松山市)、徳島局(徳島県徳島市)、高知局(高知県高知市)だけだが、7月〜10月にかけて合計18局の開局を予定している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top