イー・アクセス、名古屋支店を設立して東海地方でのサービス展開を重点的に図る。また、設備増強も実施 | RBB TODAY

イー・アクセス、名古屋支店を設立して東海地方でのサービス展開を重点的に図る。また、設備増強も実施

ブロードバンド その他

 イー・アクセスは、従来の名古屋準備室を拡張し、6日に名古屋支店を設立した。今回の名古屋支店は、同社が愛知県を中心に東海地方でのADSLサービス展開を本格的に行うための拠点となる。

 現在、愛知県では八事局と春日井局の2局だけがサービスを開始しているが、6月には矢田局・大曽根局など28局を、7月には新広小路局を開局することになっている。

 また、完売だった松戸小金局(千葉県松戸市)、完売間近だった松戸局(千葉県松戸市)、希望ヶ丘局(神奈川県横浜市旭区)、港南局(神奈川県横浜市港南区)、神奈川平戸局(神奈川県横浜市戸塚区)の設備が予定とおり増強された。現在、完売間近なのは武蔵府中局(府中市)と国立局(国立市)の2局のみとなっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top