STNet、7月〜10月にかけてサービスエリアを拡大。四国県庁所在地の90%をカバーへ | RBB TODAY

STNet、7月〜10月にかけてサービスエリアを拡大。四国県庁所在地の90%をカバーへ

ブロードバンド 回線・サービス

 四国情報通信ネットワークは、7月〜10月にかけて、四国地方の各県庁所在地で合計18局を開局すると発表した。具体的には、香川県高松市で5局、徳島県徳島市で3局、愛媛県松山市で6局、高知県高知市で4局の開局が予定されている。

 現在サービスを提供している交換局(4局)と今回発表された交換局(18局)を合計すると、同社の各県庁所在地でのADSLサービスのカバー率は約9割となる。

 新規開局のスケジュールは以下のとおり。

 香川県高松市:讃岐三条局、高松北局、屋島局(以上7月上旬)
        香西局、円座局(以上、8月上旬)
 愛媛県松山市:吉田浜局、伊予石井局、
        伊予久米局、山越局(以上7月上旬)
        西須賀局、堀江局(以上、8月上旬)
 高知県高知市:高知東局、土佐朝倉局、潮江局(以上7月上旬)
        土佐一宮局(以上、8月上旬)
 徳島県徳島市:徳島西局(7月上旬)
        阿波川内局(8月上旬)
        阿波津田局(10月上旬予定)

 すでに開局している交換局は以下の4局である。

 香川県高松市:高松局
 愛媛県松山市:伊予松山局  
 徳島県徳島市:徳島局 
 高知県高知市:高知局
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top