ネットウェーブ四国と四国情報通信、四国ではじめてのADSLサービスを3月19日より開始。下り1.5Mbps、640kbps、256kbpsの3つの速度を提供 | RBB TODAY

ネットウェーブ四国と四国情報通信、四国ではじめてのADSLサービスを3月19日より開始。下り1.5Mbps、640kbps、256kbpsの3つの速度を提供

ブロードバンド 回線・サービス

 ネットウェーブ四国と四国情報通信ネットワークは、3月19日より四国初のADSL接続サービスを開始すると発表した。申し込みは、3月初旬を予定している。

 四国情報通信ネットワークはユーザ宅、NTT交換局、同社までのADSLサービス部分を、ネットウェーブ四国は四国情報通信ネットワークの部分も含めてトータル的にインターネットサービスを提供する。

 サービスは最大下り速度1.5Mbps、640kbps、256kbpsと、3つの速度別のコースに分かれ、月額利用料はそれぞれ6,200円、6,000円、5,200円(ADSLモデムレンタル料500円込み)。なお、ユーザが自分でADSLモデムを用意すると、それぞれ500円(ADSLモデムレンタル料)安くなる。

 3月19日のサービス開始当初は、香川県高松市、愛媛県松山市、徳島県徳島市、高知県高知市の各中心部と、四国地方の県庁所在地からのスタートとなるが、エリアは順次拡大するという。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top