NTT東西がコロケーション条件規定を変更。他事業者がNTT局内で工事が可能に | RBB TODAY

NTT東西がコロケーション条件規定を変更。他事業者がNTT局内で工事が可能に

ブロードバンド その他

 NTT東日本/NTT西日本は、同社内通信建物のコロケーションに関する接続約款の規定を追加・変更する認可申請を行った。これは、9月に接続約款に関する条件等を改正する郵政省令が公布、1日から施行されたことに伴っての改定である。

 今回の変更で特に重要なのは、従来はNTT東西でしか行えなかった工事・保守を、NTT東西以外の事業者でも行えるようになったことだろう。その他にも、通信建物内への他事業者の立ち入りの際の手続き規定とコロケーション情報の提供の手続き規定などが追加された。この申請とともに、ISP事業者などが利用できる加入者回線等のアンバンドルの接続形態や接続条件なども、その規定などが追加・変更される。

 NTT東西は、8月に接続事業者同士の相互接続に対する条件を緩和し、その結果、東京めたりっく通信やイー・アクセスなどのDSLサービスを提供する事業者が、一部のエリアでADSLサービスの接続実験を開始することができた。今回の申請によって、各DSL事業者はエリアを拡張し、本格的なサービス提供に拍車がかかるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top