TIがDOCSIS 1.1準拠のケーブルモデムリファレンスモデル | RBB TODAY

TIがDOCSIS 1.1準拠のケーブルモデムリファレンスモデル

ブロードバンド その他

 米Texas Instruments(TI)は、昨年策定されたDOCSIS 1.1に準拠したケーブルモデムリファレンスデザインを発表した。同社のリファレンスデザインはDOCSIS 1.1の機能を完全に装備しており、他社よりも先がけた発表となった。

 TIによると、DOCSIS 1.1準拠モデルはパケットケーブルなどの新しいアプリケーションをスムーズに統合でき、QoSのAPIが含まれる。マルチサービスに対応したダイナミックQoSの装備により、VoIPを使った音声通信も実現する状態となってきており、ケーブルモデムだけを使う音声通信も現実化に一歩近づいている。なお、CableLabsによるDOCSIS 1.1の認定作業は年内にも開始される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top