湘南ケーブル、IBMマシンつきのインターネットスターターサービスを開始 | RBB TODAY

湘南ケーブル、IBMマシンつきのインターネットスターターサービスを開始

ブロードバンド 回線・サービス

 湘南ケーブルネットワーク(SCN-NET)は、IBM Aptivaと128kbpsのベーシックコースをセットにした「CATVインターネットAptiva PACK」というプランを追加した。

 CATVインターネットAptiva PACKは、パソコンとインターネットや電子メールを利用するために必要となるソフト、CATVインターネットに接続するための各種設定、パソコンやSCN-NETに関する問い合わせに半年間無料対応(パソコン本体は3年間の無料保守)など、すべてがセットになって、届いたその日からすぐにインターネットを楽しめるというパック。セットになっている通信プランはSCN-NETの128kbpsのベーシップラン、パソコンはIBM Aptiva E Series 2196-47L(15インチディスプレイつき)。

 利用料金は、最初の3年間がパソコン代金、SCN-NETの加入料、工事費、利用料合わせて、月額8,000円(ボーナス時10,300円)で、4年目以降は利用料のみで月額5,000円(予定)となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top