賢威は初心者にもおすすめ?メリット・デメリットから使い方まで評判を解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

ワードプレスには多数のテーマがあり、初心者はどれを使えばよいのか迷ってしまいますよね。

「無料テーマだと機能が物足りないし、どうせ有料テーマを選ぶならばSEO対策も優れたものを選びたい!」そんな思いをお持ちの方に人気なのが「賢威」です。

そこで今回は、SEO対策で有名な有料テーマである「賢威」のメリットやデメリットを踏まえて、利用が向いている人をご紹介します。

賢威はSEO対策におすすめのWordPressテーマです。アフィリエイトを始める人は、賢威を使って上位表示を目指しましょう。

\SEO対策を強化するテーマ!/

収益化するブログを作りたい人は、ブログの始め方を参考にしてください。

高速化技術を採用したシン・レンタルサーバー
c5ec7825440ed0ad440e009c25ad54a1 - 賢威は初心者にもおすすめ?メリット・デメリットから使い方まで評判を解説
画像出典:シン・レンタルサーバー

Webサイトの表示速度にこだわるなら、シン・レンタルサーバーがおすすめです。

高速化技術を導入し、国内最速※レンタルサーバーとして人気があります。

※自社サービスを除いた日本国内シェア上位3サービスおよび独自に選定した国内の著名サービス・プランを含め、計6つのサービス・プランを対象に、h2loadを5回計測した結果によるもの。

2024年3月4日(月)までの期間限定で「NO MORE 維持調整費」キャンペーンを実施中。

  • 月額料金539円(税込)から
  • サーバー移行代行0円
  • 維持調整費0円

月額料金は最大30%オフなので、毎月のサーバー代を安く抑えられます。

サーバー移行代行も無料で利用できるため、他社から安いレンタルサーバーへ乗り換えたい人にもおすすめです。

維持調整費がかからないため、不透明なお金を請求されることもありません

リーズナブルな価格で高速のレンタルサーバーを利用したい人は、シン・レンタルサーバーを選びましょう。

\初期費用無料!永久無料の独自ドメイン付き/

関連記事:シン・レンタルサーバーの使い方

目次

ワードプレスの有料テーマ「賢威」を利用するメリット

f0e69bdbf2e373905fb5066c815ba228 530x267 - 賢威は初心者にもおすすめ?メリット・デメリットから使い方まで評判を解説

画像出典:賢威

賢威を利用するメリットは色々ありますが、特に大きなメリットには下記が挙げられます。

  • SEOに強い
  • 賢威フォーラム
  • 多数のテンプレート
  • カスタマイズがしやすい

SEOに強い

まず、やはりSEOに強いというのは大きなメリットです。

賢威を購入するとSEOテンプレート(HTML版 / WordPress版)に加えて、200ページを越えるSEOマニュアルも付いてきます。初心者はSEOの知識を手っ取り早くつけられると言えるでしょう。

賢威フォーラム

続いて2つ目のメリットは、賢威ユーザーだけが利用できる「賢威フォーラム」の存在です。このフォーラムは10年以上の運営実績がありますので、8万件以上ものアーカイブが蓄積されています。

そのため、賢威について疑問があれば、フォーラム内を検索するだけで殆どの答えを知ることができます。フォーラム内には、初心者向け、SEOについて、ワードプレスについてなど、ユーザーが知りたがることへの回答が書いてあります。

そして、フォーラムに回答がない疑問であっても、賢威のサポートへ質問ができますので、具体的な解決策を教えてもらうことが可能です。この様に賢威フォーラムを使うことで、殆どの疑問を解決できる手厚いサポートがあるのも、賢威を使うメリットです。

多数のテンプレート

3つ目のメリットは、賢威には豊富なバリエーションがある点です。賢威をベースとした多数のテンプレートが存在し、色々と使い分けることが可能なのです。

ユーザーの目的に合わせて、企業サイト向けのコンポレート版や、エステや美容院にぴったりなビューティー版など、多数のテンプレートの中から最適な物を選ぶことができます。

以前はデザイン面が不人気の賢威でしたが、現在ではだいぶデザインも改善されています。

カスタマイズがしやすい

最後のメリットは、カスタマイズの容易さです。テーマの賢威自体がカスタマイズがしやすい作りになっていることに加えて、カスタマイズ事例も多いです。

賢威は2万人以上のユーザーに10年以上も支持され続けていますので、カスタマイズ関連の情報も多く共有されています。そのため、自分が変えたい部分があれば、少し調べるだけで簡単にカスタマイズの方法がわかります。

このように情報が蓄積されている点は、サイトを運営していく上で非常に便利ですし、調べる時間をかなり短縮してくれます。他にも無料のアップデートなど、多数のメリットがあるのが賢威です。

\SEO対策を強化するテーマ!/

ワードプレスの有料テーマ「賢威」を利用するデメリット

以上にようにメリットも多い賢威ですが、もちろん下記のようなデメリットはあります。

  • 値段が他の有料テーマより高い
  • デザイン性がOPEN CAGEより劣る
  • 他のサイトと被ってしまうことがある

値段が他の有料テーマより高い

まず1つ目は、値段が少し高いことです。ワードプレスのテンプレートの値段は1万円前後が相場なのですが、賢威の値段は27,280円と若干高めです。

SEOマニュアルやフォーラム、サポート機能などのメリットを考えますとコストパフォーマンスには優れているのですが、少し躊躇してしまう価格設定です。

デザイン性がOPEN CAGEより劣る

opencage 530x305 - 賢威は初心者にもおすすめ?メリット・デメリットから使い方まで評判を解説

画像出典:OPEN CAGE

2つ目のデメリットは、デザイン性です。

最近はだいぶスマホ対応などデザイン性も改善されてきましたが、OPEN CAGEなどのテンプレートと比べると、そこまでおしゃれなデザインではありません。そのため、基本的に賢威はデザイン性よりもSEOの強さを重視したい(検索で上位表示を目指したい)方におすすめのテーマです。

一方で、おしゃれさやデザイン性を重視する場合は、OPEN CAGEのテーマの方がおすすめです。

\シンプルで高機能なテーマ!/

他のサイトと被ってしまうことがある

最後に、賢威は利用者も多いため、サイトのジャンルによってはデザインが被ってしまうことがある点です。

賢威は有料テーマとしても人気があるため、それだけ使われているサイトも多く、どうしてもデザインが被りやすい問題があります。ただし、こちらは自分である程度カスタマイズできるようになれば、解決するデメリットです。

WordPressテーマを比較

賢威を導入すべきか迷ったら、WordPressテーマを比較しましょう。機能やデザインを総合的に比較すると、自社サイトにぴったりのテーマが見つかります。

賢威を導入する手順や使い方

賢威は公式サイトからダウンロードでの購入になります。

まずは、公式サイト(https://rider-store.jp/keni/)にアクセスしてください。

そして、公式サイト右上にある「ご購入はこちら」ボタンをクリックします。最後に、ご注文フォームに情報を入力してクレジットカードか振り込みでの支払いを済ませるだけです。

これで購入は完了しますので、次は使い方をご説明します。

まずはライダーストア(https://rider-store.jp/)に、購入時に記入したメールアドレスとパスワードを使ってログインしてください。

ログインしたらトップページの案内から賢威をダウンロードします。次は、賢威をワードプレスにインストールしていきます。

ダッシュボードのテーマをクリックし、新規追加を選んでテーマのアップロードをクリックしてください。後は先ほどダウンロードしたテンプレートを選択し、インストールすれば完了です。

この様に賢威は誰でも簡単に設定することができて、簡単に使い始めることが出来ます。

\SEO対策を強化するテーマ!/

賢威を使ったサイト事例から分かる利用がおすすめな人

賢威は難関キーワードである「パソコン教室」、「wordpress seo」、「会社設立」などで、最高順位1位を記録しています。

賢威は幅広いジャンルでの実績を持っているため、多くの企業や個人で活用できるワードプレスのテーマの一つです。その中でも特に向いているのは、やはりSEOに強いため、例えば自社商品の販売目的の企業サイトや、アフィリエイト目的の個人サイトです。

  • 自社商品の販売サイト
  • アフィリエイト目的のサイト

一方で、個人の日記ブログなどには不向きと言えます。個人ブロガーとしてサイト運営をしたい方には、OPEN CAGEのテーマがおしゃれなのでおすすめです。

ただし、現在では賢威もかなりカスタマイズが可能となっています。自分で多少はデザインの知識を身につけてカスタマイズしたい方合は、「賢威」を利用しましょう。

\SEO対策を強化するテーマ!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ドミニオンの代表取締役として、2016年4月18日に会社を設立。WEBメディアの企画・立案・運営の経験から、WordPressやレンタルサーバー、さらには副業含むフリーランス育成に関することも行っています。

目次